金銭請求事件の一般的な費用|弁護士費用のご説明|兵庫県芦屋市


くるみ法律事務所
TEL:0797-35-2852 予約受付 平日9時~19時 相談は20時まで<お気軽にお電話ください> オンラインご相談申込 24時間受付
くるみ法律事務所 Kurumi Law Office
事務所概要 取扱業務 費用 相談の流れ よくあるご質問 アクセス

くるみ法律事務所 Kurumi Law Office

TOP > 費用 > 金銭請求事件の一般的な費用
費用

 金銭請求事件の一般的な費用

 1 内容証明郵便作成・発送

弁護士名の記載 手数料(消費税別途)
弁護士名表示なし 10,000円 ~ 30,000円
弁護士名表示あり 30,000円 ~ 50,000円

内容証明郵便による請求書や回答書等の作成・発送等のみを依頼する場合の費用です。
この場合には、ご相談の都度、別途法律相談料が発生します。

継続的な事件処理を依頼される場合には以下2が適用されます。

 

2 一般的な交渉・調停事件・訴訟事件

経済的利益の額 着手金(消費税別途) 報酬金(消費税別途)
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3000万円以下の場合 5%+90,000円 10%+180,000円
3000万円を超え3億円以下の場合 3%+690,000円 6%+1,380,000円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

・着手金の最低額は100,000円(消費税別途)です。
・着手金は交渉・調停・訴訟等各手続が進むごとに発生しますが、それまでの処理状況等実情に合わせて減額いたします。
・訴訟の場合、第1審が終了した後に上訴審に移行したときには、別途着手金が発生しますが、それまでの処理状況等によって減額いたします。
・交渉をご自身でされた後、調停あるいは訴訟からご依頼いただくことも可能です。

上記の着手金・報酬金制のほかに、事案に応じて、タイムチャージ制(時間報酬制)をご提案させていただくこともあります。。

・上記はいずれも消費税別途の金額となっております。

・経済的利益の額は、着手金では請求額、報酬金では回収額(支払いを求める側の場合。支払を求められる側の場合には請求額と支払う金額との差額)が基準となります。

・着手金等のほかに事件処理に必要な実費(印紙代、郵便代、交通費、振込費用、謄写費用等)を申し受けます。

・遠方の裁判所に行く必要があるなど、弁護士が、委任事務処理のために事務所所在地を離れ、移動によってその事件等のために拘束される場合(委任事務処理自体による拘束を除く)には日当(往復2時間~4時間以下の場合は2万0000円(消費税別途)、往復4時間を超える場合は5万円(消費税別途)が発生します。

・着手金・報酬金・手数料の意味についてはこちらをご覧下さい。

・分割払いもご相談に応じます。

・着手金・報酬金については、法テラスの民事法律扶助による立替払いも取扱しておりますので、お気軽にご相談ください。
法テラスをご利用される場合の弁護士費用は上記の基準ではなく法テラスの報酬基準に従い、依頼者の方は、法テラスが立替えた弁護士費用を分割(月額5000円~10,000円程度)で法テラスにお支払い頂くことになります。
詳しくは法テラスのホームページをご覧ください。法テラスのHPはこちら。

TEL:0797-35-2852 予約受付(平日)9時~19時 <お気軽にお電話ください>
ページトップ
くるみ法律事務所 弁護士 森川太一郎(兵庫県弁護士会所属)
〒659-0068 兵庫県芦屋市業平町2-14プロスペリタ芦屋401  Tel/0797-35-2852 Fax/0797-35-2853
リンク  リクルート情報  サイトポリシー  サイトマップ  プライバシーポリシー
くるみ法律事務所 Kurumi Law Office